男のための永久脱毛白書 » ビジネスマンにとっての脱毛とは » ビジネスマンのムダ毛は悪印象?令和は男も脱毛する時代

ビジネスマンのムダ毛は悪印象?令和は男も脱毛する時代

【登録日:

- 登録日:

靴をしっかりと磨き、ネクタイを締め直して取引先へと向かう。ビジネスマンの基本的なスタイルである。しかし、だ。そのきちんとした身なりの中から、ボーボーの毛をたくわえた手の甲が覗いていた場合、果たして取引先はどのように感じるだろうか?ビジネスマンたる者、「生まれつきのことは仕方がない」と開き直るべきではない。本人次第で排除できる不快要素は、一刻も早く排除すべきであろう。

ビジネスマンが脱毛すると何が得なのか?

短期的にも長期的にも、無意識で損得勘定が働いてしまうのがビジネスマンの性。得することに全力で力を注ぎ、損することに1円もお金を出さないというビジネスマンの姿勢が会社を成長させる。

令和は男も脱毛する時代。脱毛がビジネスマンにもたらす得を3つ確認しよう。

お客さんや同僚からの印象が良くなる

腕や手の甲、手の指にジョリジョリの毛をたくわえている男がいる。多少は本人もこれを気にしているようだが、周囲はその数倍レベルで気にしていることを、本人は知らないかもしれない。

体毛の濃淡は、生まれつきのものだ。本人には何ら責任はない。その一方で、責任の所在とはまったく別の現実として、お客さんも同僚も、その毛に対して生理的に違和感や不快感を抱いている。

ビジネスマンである以上、ムダ毛を含めた全ての不快要素を自分から取り除くのが務めであろう。

気持ちが前向きになることで仕事への姿勢が変わる

自分が毛深いことを気にしているビジネスマンは、決して少なくないはずだ。しかし問題が生まれつきのものである以上、自分の努力ではどうすることもできない。人知れず、自分の毛深さにコンプレックスを蓄積させている男もいるだろう。そんなコンプレックスが邪魔をして気持ちが前向きになれない、というビジネスマンもいるのではないだろうか?

そのような男には、一刻も早い脱毛をお勧めしたい。コンプレックスの蓄積で養われた繊細な精神は、脱毛後、きっと仕事の中でプラスとして活かされることだろう。

自己処理の時間を別のことに費やせる

手元に電卓があるならば計算して欲しい。毎日、ヒゲ剃りに5分の時間を費やしていると仮定したとき、一生のうち、男はヒゲ剃りにどれだけの時間を使うことになるのだろう。

結論から言うが、もし60年にわたって毎日5分のヒゲ剃りを行った場合、これに要する時間は合計1,825時間だ。1日に8時間稼働するとすれば、実に228日分もの時間をヒゲ剃りに費やしていることになる。

かつてラグビー日本代表監督を務め、惜しまれつつ53歳でこの世を去った平尾誠二氏。ある本の中で、彼は次のような名言を残した。

「時間って命の一部なんですよ」

脱毛は、228日分もの命をあなたの人生に創出する。神ですらなしえない、まさに脱毛の奇跡である。

【まとめ】男の脱毛が一般化する令和という時代

メンズ脱毛で知られる湘南美容クリニックは、2018年度のヒゲ脱毛の症例が22万件を突破したと発表した。ちなみに、過去18年間における同クリニックのヒゲ脱毛の累積件数は75万件だ。すなわち、この18年間で同クリニックが行ったヒゲ脱毛の約30%は、2018年の単年で行われていた、という計算になる。

急増、などという安易な言葉では片付けられないであろう。まるで細菌の異常繁殖のような増え方だ。

実は近年のこの傾向は、湘南美容クリニック以外の脱毛サロンでも見られる。供給が需要に追いついていない、というのが脱毛業界の現状のようだ。

先に迎えたばかりの令和という時代の中で、男の脱毛が一般化することは必至であろう。

近くのメンズ脱毛サロンを集めたぞ

北海道・東北エリア
札幌
青森
仙台
秋田
北陸・甲信越エリア
新潟
石川
長野
関東エリア
横浜
川崎
埼玉
大宮
越谷
川口
茨城
千葉
船橋
宇都宮
東京エリア
新宿
銀座
品川
渋谷
池袋
秋葉原
上野
自由が丘
立川
吉祥寺
町田
東海エリア
静岡
浜松
岐阜
名古屋
豊田
関西エリア
滋賀・草津
京都
梅田
天王寺
難波
心斎橋
京橋
神戸
中国・四国エリア
広島
岡山
九州・沖縄エリア
福岡
博多
鹿児島
熊本
沖縄