男前営業マンのヒゲ事情

【登録日:

- 登録日:

ヒゲが男の外見的価値を上げることは、確かにある。しかしヒゲが営業マンとしての価値を上げることは、ほとんどない。営業マンたるもの、個人的な外見的価値を上げる意識を卒業し、営業マンとしての価値を上げることに専念すべきだ。結果として、そのほうが男としての総合価値は上がる。

【結論】営業マンにヒゲが許されない

結論から入ろう。

営業マンに、ヒゲは許されない。たとえ社則でヒゲOKとなっていても、営業マンはヒゲをなくすべきだろう。

内勤スタッフは、ヒゲを生やしていても、特に問題はなかろう。上司の目を気にしつつ、可能であればヒゲを楽しんでみて良いかも知れない。

公務員もまた、ヒゲを生やしていて特に問題ない。たとえ人前に出ることが多かったとしても、また、たとえそれで組織の好感度が下がったとしても、売上(税収)には関係ないからだ。

しかし残念だが、民間企業の営業マンにヒゲは許されない。たとえ剃っていたとしても、青髭として残ってしまうようであれば、何らかの対策を考えるべきだ。

なぜ営業マンにはヒゲが許されないのか

なぜ営業マンにはヒゲが許されないのか?

答えは簡単だ。取引相手に悪い印象を与えるからだ。悪い印象を持った相手から商品を買うことなど、通常はない。

なぜヒゲが相手に悪い印象を与えるの?

ヒゲは相手に不潔な印象を与える、という言説がある。しかし、この言説は間違いであろう。サッパリとした髪型、バシッとしたスーツにネクタイ、そして手入れの行き届いたヒゲ。この姿に「不潔~」という印象を抱く者は、いないはずだ。

不潔だから営業マンのヒゲがダメだ、というわけではない。営業マンのヒゲがダメな理由は、偉そうで威圧感があるからだ。その威圧感が相手に不快感を与えている。加えて、そのナルシスティックな側面にも不快感を抱く相手もいるであろう。

ヒゲは明治時代の元勲たちの間でブームだったスタイルだ。以来、ヒゲは偉い人のアイテムという無意識の社会通念が、日本には根強い。良し悪しの議論はさておき、日本ではヒゲが相手に不快感を与えうることは事実である。

似合っているヒゲ、カッコいいヒゲでもダメ?

似合っているヒゲでも、カッコいいヒゲでもダメだ。なぜならば、似合っていることやカッコいいことは、自分や自分周囲での価値基準でしかないからだ。

社会という基準の中で生きなければならない営業マンにとって、自分や自分周囲の価値基準などを振りかざしても無意味である。できる営業マンは、社会通念に対して戦略的に迎合する。

【まとめ】営業マンはヒゲの処理を真剣に考えよう

広告業界やアパレル業界、美容業界、外資系企業など、例外的に営業マンのヒゲが許容されている業界はある。しかし大半の業界では、営業マンのヒゲはタブーだ。

生まれつきヒゲの濃い営業マンや、毎日のヒゲの手入れを面倒に感じている営業マンは、早々に何らかの具体的な対策を打つべきであろう。

近くのメンズ脱毛サロンを集めたぞ

北海道・東北エリア
札幌
青森
仙台
秋田
北陸・甲信越エリア
新潟
石川
長野
関東エリア
横浜
川崎
埼玉
大宮
越谷
川口
茨城
千葉
船橋
宇都宮
東京エリア
新宿
銀座
品川
渋谷
池袋
秋葉原
上野
自由が丘
立川
吉祥寺
町田
東海エリア
静岡
浜松
岐阜
名古屋
豊田
関西エリア
滋賀・草津
京都
梅田
天王寺
難波
心斎橋
京橋
神戸
中国・四国エリア
広島
岡山
九州・沖縄エリア
福岡
博多
鹿児島
熊本
沖縄