民衆に問う「どちらのBefore/Afterが綺麗?」

ゴリラクリニック支持率:24.5%

ゴリラクリニック_before
ゴリラクリニック_after
公式サイトを見る

引用元HP:ゴリラクリニック公式HP(http://hige-gorilla-datsumo.com/complete/complete_exp06.html)

120000円/5回分

公式HPを見る
男のための永久脱毛白書 » クリニック挫折男の髭脱毛体験談:光脱毛の効果はいかに?

クリニック挫折男の髭脱毛体験談:光脱毛の効果はいかに?

クリニック挫折男

新宿区に暮らす26歳の男・古田翠(ふるたすい)。彼は、高校生のころから自身の髭の濃さについて苦悩していた。

なぜ、周りの友だちにくらべて自分の髭は、とくべつ濃いのだろう?
なぜ、ついこの前まで柔らかかった髭が、どんどん硬くなるのだろう?

答えなどなかった。ただ、髭が濃い。その事実のみが真実なのだった。

医療レーザーで髭脱毛を決意した

学生時代、絵の得意な女性の友人が古田の似顔絵を描いてくれたことがあった。

その友人は、彼にとって唯一の女友達。名前は、杏奈といった。都内の某芸術大学に通う背の小さな女性だ。

彼女はキャンバスに自分の名前を書くとき、必ずAnniaと記していた。そのため古田も自然とアンニアと呼ぶようになった。

画用紙には、古田の似顔絵が描かれていた。

そして、彼は閉口した。

顔の下半分が青く、色が塗られている。それは正真正銘、青髭だ。

ふだん何気なく接してくれている彼女も、自分の青髭を当たり前のように視認し、かつ似顔絵という形で確実に描き出している。そんな事実を眼前に、ただただ心が傷んだ。

忌々しきこの青髭を一網打尽に葬りたい。
せめて自分の似顔絵は、綺麗に描いてほしい。

古田は、人生で初めて「脱毛」を考えた。最も効果の高いとされる、医療レーザー脱毛で。

従来の医療レーザーによる髭脱毛は、思った以上に痛いらしい

古田は会社の上司・替佐(かえさ)部長に脱毛を受けることを打ち明けた。

替佐部長は、2年前にアレキサンドライトレーザーという種類の脱毛機器で髭の脱毛を行なった、脱毛の先輩でもある。

古田が彼に脱毛を決意した話をした理由は、替佐部長が挫折をした、という噂を聞いたからだ。

会社でも伝説と言われるほどの営業成績を残してきた替佐部長が、「忌まわしき髭を殲滅する」というまたとない機会を目の前に、なぜ挫折をしたのか?

古田は理解できずにいた。しかし、いざその答えを聞いてみると、とてもシンプルなものだった。

「思った以上に痛かったんだよね」

拍子抜けだった。尊敬していた上司だったが、少し、残念に思った。

自分とは意志の強さが全く違うのかもしれない。

「私は続けてみせます」

会社ではパッとしない古田だったが、このときは誰よりも強く、勇ましかった。

古田には続けられる戦略があった。

それは、アレキサンドライトレーザーよりも格段に「痛くない」と有名な脱毛機器・メディオスターという選択肢だ。

メディオスターも、思った以上に痛かった

脱毛機器・メディオスター

古田はとある美容クリニックのメディオスターでさっそく脱毛の施術を受けた。

施術は、女性スタッフが脱毛機器を肌表面にすべらせていくものだった。「ピピピピッ」という等間隔でリズミカルな音が、コンプレックス解消である脱毛施術をポップなものに仕立てていく。

スタッフの配慮で、最初は照射レベルが低く、また痛みの少ない頬や顎の部分から機器を当ててもらっていたため、思っていた以上に痛みは少なく、これなら我慢できそうだ、と思えた。

しかし、それは長くは続かなかった。

皮膚の薄い顎下や鼻下を機器がすべっていく瞬間だった。熱された鉄の棒か何かを用いて皮膚表面を優しく剥いでいくような、最初は痛みか何かすら判別のつかないような激痛が走る。

そんな私の気持ちを察するかのように、女性スタッフは口を開いた。

「痛いですよね〜…少し我慢しましょうね。もうちょっとで終わります。我慢できなかったら言ってくださいね」

女性スタッフが明るい声で口にした「少し我慢しましょう」「もうちょっとで終わります」「我慢できなかったら…」という三段論法は、古田の男としてのプライドをくすぐった。

「全然、大丈夫です。このまま続けてください」

そうは言ったものの、施術中に目につけていたゴーグルを外すと、古田の目からは大量の涙が溢れ出ていた。想像以上の痛みに身体は抗えなかったようだ。女性スタッフはそっと涙をふいてくれたのだった。

クリニックでの脱毛…前向きに挫折を決意

クリニック院内の風景

古田の決意は固く、その後もクリニックへ足を運び続けた。

しかし、3回目時点からうすうす気付き始めた。

自分ほど髭の濃い人間では、契約した6回の施術では効果を実感できないことを。

心が折れかけた古田にさらなる追い討ちをかけるように、施術は回数を増すごとに照射レベルが上がっていき、痛みもそれだけ強くなっていく。

ふつうは回数を重ねるごとに髭が薄く、柔らかくなるため、痛みもそれだけ弱まっていくらしい。が、古田の髭はメディオスターを凌駕し続けた。

4回目の施術を終え、いつも通り女性スタッフが彼の目から溢れる涙を拭き取ると、明るくこう言い放った。

「次は2ヶ月後です。照射レベルも今回よりあげていきましょうね」

どうやら、4回目までは1ヶ月おきに施術を行ない、それ以降は2ヶ月おきに行なっていくようだ。そして照射レベルもあげていく。

2ヶ月おきに施術する理由は毛周期の関係らしいが、後から聞いた話によると、予約の関係も大きな理由とされているようだ。

プライオリティを患者の髭におくのか、売上におくのか、どちらかは定かでない。しかし、確実にこの話は古田がこれから決断する「挫折」に拍車をかけた。

同時期に、古田は九州方面へ数ヶ月転勤することになった。

念のため通っていたクリニックに確認をとると、九州方面にも分院があるようだが、強い日光で日焼けをするため、なるべく施術は受けないほうが良いと助言を受けた。

そして古田は決断した。もう、辞めよう。

数ヶ月後、帰京しても、もうあの痛みを味わいたくない。それでいてさほど効果を実感できていない。また、2ヶ月おきというのも何だか物足りない。

この先も、脱毛施術を受けられる機会はあるだろう。ここは一度身を引き、出直そう。決して後ろ向きではない。これは、前向きな挫折だ。

帰京後、光脱毛との出会い

九州方面の支社への赴任が終わり、東京本社へ戻った初日、替佐部長へ挨拶へ出向いた。その際、あわせて脱毛を断念した旨を報告した。

すると替佐部長は複雑な表情を浮かべながらこう言った。

「古田君、お前もか」

替佐部長は、古田が脱毛を断念した理由の一つに転勤があることに責任を感じていたらしい。そして続けざまにこう言った。

「痛みが問題なら、効果は低いが、光脱毛はどうだろうか?値段も安く抑えられるみたいだぞ」

前々から気にはなっていた、光脱毛。信頼している替佐部長のアドバイスは、古田の背中を押した。

そうして光脱毛による髭脱毛を開始した。

選んだのは、光脱毛のシェア率No.1のメンズ脱毛サロン

リンクスで髭脱毛の再スタートを切る古田
全国のリンクス店舗一覧を見る>>

古田が通うことに決めたのは、全国区のメンズ脱毛サロンとして有名なRINX(リンクス)。光脱毛のシェア率では、日本で1位の実績を誇るらしい。

カウンセリングは1時間。カウンセリングシートに必要事項を記入後、とても丁寧かつわかりやすい説明を受けた。

カウンセリングシート

毛周期の話をもとに、なぜ少ない施術では髭はなくならないのか、古田がずっと抱いてきた疑問を解消してくれた。

どうやら人間の顔表面に見える髭は全体のうちに2,3割にも満たないらしい。そのためたった数回の脱毛ではすべての毛がなくなるわけではないようだ。

また、このまま髭剃りを続けていった場合の肌への負担も説明してくれた。とりわけ顎下(喉付近)の肌の薄さは、かの有名な避妊具と同じぐらいの薄さらしい。

そこに毎朝カミソリの刃をすべらせ続けることで、肌には想像以上の負担がかかってしまう。万が一切れてしまった場合、そのまま髭剃りを続ければ、肌の再生能力が落ち始める年齢にさしかかったとき、取り返しのつかない黒ずみになる。

カウンセリングの場で受けた説明は、決して脅しのそれではなく、古田が今後抱えるであろう問題を正直に伝えてくれたものだった。だから、信頼できた。

そうして生涯に髭剃りにかける時間と費用を一緒に算出し、脱毛にかかる期間と費用もあわせて出してもらった。

「古田さんの髭は一般レベルよりも濃く、硬いので、多めに見積もりましょう」

スタッフは誠実な方で、決して早く安く済ませるようなプランを提示してきたわけではなかった。むしろ、多めに見積もりを出し、それでも余りあるほどお得に感じる脱毛プランを提案してくれた。

そして、古田は快く施術を受けることにした。

光脱毛は、思った以上に痛くなかった

脱毛機器・イノベーション

いざ脱毛を受けてみると、拍子抜けするほど痛くなかった。

リンクスでは、日本人男性の黒い毛に特化した脱毛機器「INNOVATION(イノベーション)」を提携メーカーと共同開発。照射レベルが高く、一般的なフラッシュ脱毛機器をはるかに凌ぐ効果の高さを持つ。

照射レベルが高いと聞くと、痛みもそれだけ強いのか?と心配になるが、照射の度にアイスパックを押し当ててくれるため、痛みを最小限にとどめられるようだ。これが、古田には驚くほど効いた。

光脱毛は医療レーザー脱毛と違って照射範囲も広いため、施術時間も10分程度とあっという間に終わる。

加えてリンクスは全スタッフが男性のため、コンプレックスに悩む古田に安心感を与えた。

また、スタッフも施術を受けているのか、肌の綺麗な男性が多く、自分の明るい未来を想像できたことで古田は勇気づけられた。

たしかに、6回で契約した医療レーザー脱毛に対して、20回契約の光脱毛は果てしなく長いように思う。

それでも、1ヶ月おきの施術が受けられ、また無期限なので何ヶ月、何年休もうが、通いたいときにいつでも通えるメリットは大きかった。

契約回数を受けても髭が生えてくることがあれば、80%OFFの料金で施術を受け続けられることも、誠実さを感じられた。

脱毛経験者ならわかるだろう。

効果の高い1回よりも、永久的な保証のほうが、安心できるということを。

古田は今月も明るく、リンクスに通っているそうだ。>>リンクスの髭脱毛プランを詳しく見る