ブランディングエージェント

メンズ脱毛サロンを運営しているリンクスホールディングス。その創始者である都築寛史氏が新たに立ち上げたのが、ブランディングエージェントです。

同社は企業のヒトやモノがより良くなるためにコンサルティングサービスを展開しています。コンサルタントやマネジメント、ブランディングを通して、世界に必要とされるサービスのサポートをしてくれます。

株式会社ブランディングエージェントとは

ブランディングエージェントは、都築寛史氏が立ち上げたコンサルティングサービスです。RINX(リンクス)という脱毛サロンを経営し、全国展開させたノウハウをもとにして各企業の悩みを解決しています。

メインにしているのは、「マーケティング」・「マネジメント」・「コンサルティング」の3つ。3つを軸にして、各企業の問題解決に最適な方法を提案してくれます。顧客満足度の向上だけでなく、そこで働く社員の満足度も上げるようアドバイスしています。

株式会社ブランディングエージェント代表・都築寛史とは

1からメンズ脱毛サロンRINXを立ち上げた都築氏。サロン開設当初は、自らポスティングを行い、赤字の日々をどう切り抜けるか考えていたそうです。日々の努力が実を結び、徐々にRINXの知名度はアップ。現在では、全国展開するほど大きなサロンとなりました。

そんな企業経営でたどり着いたのが「お客様と社員に満足してもらえる企業にする」こと。2つの軸を持って企業経営していたノウハウを、ブランディングエージェントでいかんなく発揮しています。悩める企業へ全力のサポートを行っている人物です。

都築寛史氏のポリシー

都築氏は、企業の成長には「顧客の満足度向上」「社員の満足度向上」が必要だというポリシーを持つ経営者です。片方に偏ってしまっては、成長は無いと考えて、リンクスを10年引っ張ってきました。

リンクスの経営では、顧客満足度向上のために設備投資をしっかり行いました。また、社員への待遇を向上させるための施策も、良いと思ったものはすぐに実行しています。

10年間の経験で得たものを、コンサル業を通して日本に返したいと考えている都築氏。企業が持っているポテンシャルを最大に引き出すことを使命と感じているそうです。世の中に必要とされるサービスを、「ブランディングエージェント」としてサポートしています。